どうして中学受験が激しくなってきたのでしょうか?

 

中学受験をする児童のほとんどは首都圏や都市中心と
なっています。

 

では、どうして中学受験が激しくなってきたのでしょうか?

 

その理由は『大学進学に有利』な点と、公立の中学校と
比べ私立の中学の方がユニークな授業内容があるからです。

 

そして、地元の近くの中学では物足りなく考えている
親がいるということ。更に、有名な大学に合格するには
私立の中学が良いという発想があるようです。

 

良い学校に通う=裕福な生活が送れる。

 

この考えはいつの時代も変わりません。もちろん、良い学校に
通うことができればそれは可能です。

 

しかし、まだまだ小学生。遊びたいときに一生懸命勉強を
させられてしまう姿は可哀想でしかたありません。

 

親の気持ちは分からないでもありませんが、
未来の事を考えてもいない子供を親の見栄だけで
受験させるのは止めて欲しい!

 

もし、可能なら自分の意思で進学塾・中学受験を受けて
ください!

 

落ちやすい子供の共通点は
>>コチラで紹介していますので
良かったらご覧下さい。